化学防護手袋ガイド
(アンセル化学防護手袋の耐透過性・耐劣化ガイド)

このPDFに掲載された推奨値は実験室における検査結果を元にしており、PDF作成時に入手可能のデータを使い、ASTM F739基準に照らして最も的確であると思われる判定結果です。 掲載されている推奨値を参照する際は、これらの検査が実験室環境で行なわれたものであり、 個々の現場環境によって製品の薬品への適正は異なることを留意してください。 ASTM F739基準の試験方法は、JIST8116の透過性試験として規定されています。